★IPO 雪国まいたけ  考察

17日の上場が迫ってまいりました
雪国まいたけですが、公募価格が
仮条件の中間値でした。

上限で決まらなかった銘柄は
公募割れ確率が非常に高い印象があるので
公募価格が仮条件中間値で決まった
IPO銘柄を少し調べてみました。


246.png

9銘柄ほどピックアップしてみましたが、
公募価格を初値が超えたのはツバキナカシマだけ。

上場日に公募価格を超えたのは3銘柄となりました。

そして、上場日に公募価格に届いてない銘柄は
公募価格奪回までにけっこうな時間を要してるようです。

・・・ということはやはり、上場日で勝負か!?

現段階では公募割れしても
しばらくスイングしようかなぁ?とは
考えてるんですが、傷口広げちゃうかなぁ?

時間軸長く取れば、そのうちどの銘柄も報われてはいますけどね。
資金に余裕があるか?常に回転売買していくか?で
スタンスが変わってきそうです。